» 学部長挨拶


経済学部長・経済学研究科長 岡室博之

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一橋大学経済学部はこれまで、経済・社会のリーダーの育成を心がけてきました。経済活動がグローバル化しつつある今、求められている「グローバル・リーダー」とはなんでしょうか。世界的な視野から自分と社会全体の将来を考え、適切な意思決定によって社会の発展に貢献できる人材です。皆さん自身の生活も経済活動のグローバル化に大きく影響されていますが、そのような時代を生き抜き、先導する人材を育てることが、大学の重要な使命です。

 

一橋大学経済学部は、日本語・英語の両方で優れたコミュニケーション能力を持ち、経済学の専門知識と分析スキルに基づいて産学官の現場で活躍できるリーダーの育成を目指し、2013年度に「グローバル・リーダーズ・プログラム(GLP)」を本格的に始動させました。経済学部のGLPの最大の特徴は、経済学の専門的な知識や考え方と英語等によるコミュニケーション能力の両方を修得できる点にあります。英語スキル科目や英語で開講される経済学部専門科目の履修、さらにはアジア新興国や欧州への短期海外調査、長期海外留学等によって、我々は「グローバル・リーダー」を育成します。それを支えるのは、経済学部独自の体系的なカリキュラムと、海外の大学で博士号(Ph.D.)を取得し、また海外で豊富な教育経験を持つ多数の教員です。

 

意欲あふれる若い皆さんが一橋大学経済学部に入学し、GLPを通じてグローバル社会に貢献しうる人材として巣立っていくことを大いに期待します。

 

 

グローバル・リーダーズ・プログラム 経済学部コラムシリーズ(4)

世界見聞録 第1回:手前勝手な英語力測定法         

 

グローバル・リーダーズ・プログラム 経済学部コラムシリーズ(3)

「お・も・て・な・し」考

 

グローバル・リーダーズ・プログラム 経済学部コラムシリーズ(2)

ミラノでのエピソード

 

グローバル・リーダーズ・プログラム 経済学部コラムシリーズ(1)

発足に寄せて