経済学部のチームNoveltyが、「グローバル人材育成フォーラム」リサーチ・プレゼンテーション大会で優勝しました。

経済学部のチームNoveltyが、「グローバル人材育成フォーラム」リサーチ・プレゼンテーション大会で優勝しました。

経済学部2年生の浅川氣子さん、小野陸さん、古田那奈さんのチームNoveltyは、12月6日に明治大学で開催された「グローバル人材育成フォーラム」第2部リサーチ・プレゼンテーション大会において、"By Bicycle, Bye-Bye Cycle"というタイトルで世界の不安定化のボトルネックのひとつである貧困の解決策を提示し、優勝に輝きました。

「グローバル社会における開発と貧困」というテーマで英語プレゼンテーションを競う本大会には、文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」東日本第2ブロックの採択校18大学から各1チームが選出され、1次予選審査で選ばれた8大学のチームが出場しました。どのチームもすばらしいプレゼンテーションを行い、審査は難航しましたが、Noveltyチームのプランは、現地の視点から見て実現可能、また持続可能である点が特に高く評価されました。

関連リンク:国際協力機構(JICA)ニュース2014年12月12日(JICAウェブサイト)